7月29日(日)

日記担当:Cornet Y

こんばんは、本日の練習日記です。

練習曲目は、
CROWN IMPERIAL
CANTERBURY CHORAL
A MOORSIDE SUITE (SCHERZO. MARCH.)
他1曲の、4曲です。(MOORSIDEは二楽章)

CROWN IMPERIAL
・アクセントを付ける時は流れない(滑らない)ようにする事。
・曲中に5連譜を持ってる人(コルネットで言えば練習番号1番の前など)は勢いで演奏しないでキッチリと一拍の中に 「きれいに」収めるように注意してください。
・音量を出す時、音量を出すことにいっぱいになってしまって乱れないように注意する事。

CANTERBURY CHORAL
・(特にコルネット)スローなテンポに待ちきれず急いでしまう傾向があるので注意する事。
・練習記号Cの前の二小節間は違うことをしている人たちが合流する部分ですので周りをよく聴いて合わせてください。
・伸ばす音はビブラートをしっかりと効かせてください。
・曲の最後の部分は悲しい映画? のラストシーンのようなイメージで消えていくような感じで・・・
との指導をいただきました。(他にもたくさんありましたが・・・)

A MOORSIDE SUITE
(SCHERZO.)
・曲の冒頭の主旋律はハネない事。(頭の四分音符に比重は置くが音の長さを変えない事)
・練習記号Bなどで主旋律を演奏している人はスタッカートをキッチリと意識する事。
・トリオに入る時のタンキングは柔らかく、またはタンキングなしで・・・
 
(MARCH.)
・曲の始め、4小節目からいきなりスピードダウンする。 テンポをしっかりと意識してください。
・何度も注意をされてますが、練習記号Lの前はスピードダウンしません。 したくなるようなフレーズですがしっかりとテンポキープをお願いします。
との指導をいただきました。(またまたここも他にもたくさんありましたが・・・)

全体的には、もっと周りをよく聴いてアンサンブルを心がけてくださいとの事です。
後、リップスラーをいっぱい練習してアンプシュアをしっかりと作ってくださいと指導していただきました。

以上です。

なかよしクラブ

なかよしクラブの演奏会でした♪

[参加者]
Cor 3・Horn 1・Euph 1・Bass 1・Per 1

[演奏曲]
夢をかなえてドラえもん
となりのトトロメドレー
天空の城ラピュタメドレー
マル・マル・モリ・モリ
崖の上のポニョ
世界に一つだけの花

今日はめちゃくちゃ暑かったですがとっても楽しかったです!
Kさんの新兵器カホンも初お目見えして、こども達の眼を釘づけにしていました。

でも、写真はドラムセットです♪

7月21日(土)

日記担当:Cornet H

練習曲目
1.Swedish Folk Song
2.The Home of Legends
3.CROWN IMPERIAL
4.CAVATINA FOR CORNET
5.The Year of The Dragon

今日の練習では、曲の雰囲気や持って行き方、体力配分などを考えながら練習ができた気がします。
どの曲もそうですが、強弱の幅の狭さ、どちらかと言うと棒吹き感が否めない箇所が多々あったと思いますが、以前よりも一体感を得られた箇所も増えたと思います。
ただ、ここから先の曲の作り方が難しいと思いますので、まずは各々で曲のイメージトレーニングが指の練習と共に必要だと感じました。

あと、打楽器&管楽器の距離感がまだまだありますので、もっと練習時に近くで演奏ができるようなセッティングで練習したいですね。

そして、今月でドラゴンおさらい期間が終わってしまいます。来月からは、

指がまわってないっΣ(´□`;)

みたいな状態に決してならないように、心してかかりましょう!!
…と自分に言い聞かせている私です。

では、次回練習日は7月29日(日)18:00-22:00@和泉コミセンです。
の前に、28日(土)はなかよしですね。
参加される方は楽しんできてくださいっ♪

7月15日(日)

日記担当:Euphonium S

練習報告です。

練習曲目
CROWN IMPERIAL
The Home of Legends
The Year of The Dragon(INTERLUDE)
A MOORSIDE SUITE(SCHERZO)
CAVATINA FOR CORNET

まず、指揮者から練習参加について各パートで連絡をしっかり取るようにし、欠席の理由等も把握するように指示がありました。
各自でなんとか出席率向上に努力し、有意義な合奏ができるようにしましょう。

昨日の合奏は、各パートごとにきめ細かく指示がありました。
特に、CROWN IMPERIALは、楽譜の誤植が多数発生しており、確認が必要です。

次回練習は、21日(土)18時からコミセンです。
みなさん頑張って出席よろしくお願いします。

7月8日(日) 夜の部

日記担当:Cornet Y

こんばんは。夜練習お疲れ様でした。
早速、本日夜の練習日誌、行きます!

練習曲目
1.Swedish Folk Song
2.The Home of Legends
3.The Year of The Dragon

各曲とも全体的にさらっと通していきました。
曲中のパート・セクション間の受け渡しでスピード感が損なわれないようにしましょう。
(特にドラゴンの)16分の動きは、スラーをつけ外し(分割)ながら練習して、全ての16分に息が入るようにしましょう。
全体を通して、個人練がまだまだ活かせるレベルです。引き続き頑張りましょう!

以上、あまり詳しいことが書けなくてすみません(汗)

次回練習日は7月15日(日)18:00-22:00@和泉コミセンです。
それでは皆さん、おやすみなさい!

7月8日(日) 昼の部

日記担当:Trombone K

本日のレッスンお疲れさまでした!
今週の練習日記をお送りします。

〈レッスンの内容〉
救世軍の曲×3(全てGes dur)
A Hebridean Lullaby(Baritone solo)
Crown Imperial
Cavatina for Cornet(Cornet solo)

〈内容の説明〉
救世軍:
救世軍の曲の3つはバリトンのソロ曲を意識して、Ges durの曲を3曲見ていただきました。
フラットが6つ(in Cで)あるためか、なかなか調性感がそろわず音程を合わせるのに苦労しました。
音程をそろえるためには個々人でまずGes durの音階をきれいな音程で吹けなければならない、というご指摘を上村先生から受けましたので、今後の改善課題としたいです。

A Hebridean Lullaby(Baritone solo):
全体的に非常にフレーズの長く、非常にゆったりとした曲調です。
しかし、練習記号Aのところにあるようなsonoro+tenutoのところでは曲のアクセントを入れるために、テヌートのついた音を一つ一つクリアに発音するように、という指示を受けました。
また、練習記号Aの2小節前やCの2小節前の3拍4連のリズムがややトリッキーですが、曲が止まってしまわないようにしっかりとリズムを取れるようになる必要があると感じました。

Crown Imperial:
イギリスにマーチで、Allegro realeの目標テンポは?=132だそうです。
ちなみに、realeは「王立・王朝の」という意味(reが王を意味する)だそうです。
前半部分の16部音符でのアンサンブルは音量よりも正確なアンサンブルが必要です。
特にリズムがゆるくならないようにかっちりと吹くのが課題です。音量補強はトロンボーンのお仕事…はい、頑張ります。
中盤のトリオは金さんの合奏で度々されていることですが、音色と音程をしっかりと作って響きのある演奏にしなければと痛感しました。

Cavatina for Cornet(Cornet solo):
今日は以上にゆっくりとしたテンポで演奏しました。僕自身がこの曲のイメージをまだつかめておないので、音源を聞いてイメージを作るよう努力します。

以上です。